企業が法人に対して宣伝活動を行いたい場合、電話や訪問、CMなど様々な方法がありますが、一般的によく知られ、採用されているのがDMです。郵便ポストにお店のセール情報や新商品の情報がかかれたはがきやチラシ、手紙などが入っていたということは一般の家庭でも日常的によくあります。こうしたDMはこうした個人に宛てた宣伝用のものをさします。DMの中でもfaxdmは費用が安いことや開封率が必ず100%であるために人気を得ています。faxdmは文字通りfaxを使用して送るDMです。faxdmは少し前まで自社で行うところも多くありましたが、近年では代行業者を利用する場合が非常に多いです。代行業者を利用することで宛先の企業リストを自社で作成する必要がなく、手軽に宣伝活動を行えることがメリットであるといえます。そのためfaxdm代行を行う企業はあらゆる分野の企業リストを多く持っていなければなりません。

faxdmのメリットとデメリットについて

faxdmが人気の理由としてあげられるのは郵送などを利用する宣伝活動よりもはるかに費用が安く済むということがあげられます。郵送のDMはハガキやチラシ、封筒など送るものに費用がかかるほか、ハガキやチラシに印刷する費用、さらに郵送にかかる費用が必要となります。しかしfaxdmであれば原本を1枚用すれば、用紙にかかる費用は必要ありません。また郵送を利用する場合、開封してもらう前に処分されてしまう場合もあり、実際に見てもらえる確率が低いです。faxdmは受け取った先に郵送よりも見てもらえる可能性が高いといえるのです。そんな人気のfaxdmですが、より多くの企業に送らなければその宣伝効果をあげることはできません。faxdmは自社で送り先の企業リストを作成することは非常に時間がかかります。そのため宣伝効果を手早くあげるためにはfaxdm代行の利用欠かせないといえるのです。

人気のあるfaxdm代行業者とは

faxdm代行を依頼する際、どの業者に依頼したらよいのか迷う場合も多いです。faxdm代行を利用する利点はあらゆる企業の住所や電話番号、fax番号のリストをすでに持っているため、自社で新しくリストを作成する必要がないという点です。しかしどの業者を選んでもそのリスト数は同じとは限りません。業者によって保有しているリストの数は異なるのです。多くのリストを保有している業者ほど、あらゆる企業にfaxdmを送ることができるため、人気が高いといえます。またfaxdm代行の実績なども考慮するとよいでしょう。faxdmは少し間違えるとクレームにつながる恐れがあるため、どのようなデザインの原稿を送ったらよいのかを含め、クレームにならず、宣伝の効果をいかにあげるかというノウハウを持っているfaxdm代行の業者を選ぶことをおすすめします。