ホームページをしっかり作っているのに反応が薄くて売れない、メールマガジンがあふれていてなかなか読んでもらえない、既存の顧客名簿を使って封書DMを送ったけれど次のアクションにつながらない、とお困りですか?たくさんの情報の中からまずは知ってもらいたいと思った時に、もはやインターネットやメールではなかなか難しい時代なのかもしれません。そんな悩みを抱えるビジネスの現場で、今、faxdm代行が注目されています。faxdmはその名のとおり、FAXの一斉送信を活用したダイレクトメールで、新規顧客を獲得したい場合に利用します。自社で大量のFAX番号を収集したり、それをリスト化するのは大変な労力を要するので、faxdm代行サービスを提供している会社にお願いすることになります。

faxdm代行サービスのメリット

faxdmはまず開封率100%と表現されます。そもそもFAXなので開封する必要がないというわけです。そのまま捨てるにせよ、一度は必ず目にしなければなりません。FAXを受け取った自分には関係ないけど、社内の誰かは必要としているかもしれないと思えば回覧、保管されるかもしれません。もう一つ何と言っても、faxdm代行を使うとコスト面において利点があります。電話をたくさんかけ、アポイントをとって訪問セールスする営業パーソンを置くよりはるかに安く済みます。郵便料金に比べるとFAXは費用が抑えられます。なによりその営業ツールはFAXだけですから、パンフレットやチラシをデザインして印刷してという時間のかかる工程をぐっと短縮することが可能です。つまりタイミングを逃さず手早くセールスをかけることがfaxdm代行を使う魅力なのです。

効果を上げるfaxdm代行の選び方

販促方法を決めなくてはならない商品・サービスがある場合には、faxdm代行も候補入れて比較検討してみましょう。リスクの少なさに気が付くはずです。もちろんfaxdmにも短所はあります。例えば、許可なくFAXを送り付けてきたという苦情は出るかもしれません。初めてのお客様のインクや紙を勝手に使うわけですからもっともです。その対策は予め社内で打ち合わせておくと安心です。ピンチをチャンスに変えられるかもしれません。また代行会社の選び方もヒット率を上げるにはとても重要になってきます。実績のある、安心して任せられるところを選びましょう。特に、利用料金だけでなく、リストは定期的にメンテナンスされていて鮮度の高いものを使っているか、FAX送付先を細かくターゲッティングできるかは必ず確認しましょう。また、初めての場合にはFAX文面の作成ノウハウのあるfaxdm代行会社を選ぶと安心です。