faxdmとは、ファックスを利用して相手に送信するダイレクトメールの事です。確実に相手に届くので宣伝効果が高く、興味を持たれやすいので効率的な宣伝方法として知られています。ファックスさえあれば一斉にダイレクトメールが送れますので、ファックスを持つ企業などに送る事が多いです。通常のダイレクトメールに比べて、ポストインする必要が無いため、営業などで外回りをする必要が無くなります。つまり、コスト削減や時間短縮につながります。もちろん、営業として外回りをする事も大切な仕事です。顔を見合わせて話をする事は、必要ではあります。しかしながら、faxdmを利用すれば効率良く、興味を持った人に会う事も可能になります。そしてfaxdm代行というサービスも存在します。次項から少し詳しくご紹介していきます。

これがfaxdm代行を使う魅力

まずfaxdmのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットとしては、前述の通りファックスのある会社に一斉送信できるという点です。通常のファックスを利用するのと同じ要領でできますので、非常に簡単です。商品情報や企業情報などをfaxdmで送信し、あとは興味を持った人からの連絡を待ちます。すると、興味があるか無いかわからない営業に回るより、はるかに効率的に興味がある人と顔を合わせて話をする事が可能になるのです。ファックスなので反応も早いという事もメリットです。デメリットとしては、不要なfaxdmを送り続ける事によってクレームにつながるという事です。紙とトナーは相手の費用になるため起きる事です。情報量が限られていたり、配信先が少なかったりすると効果を見出せません。次は、faxdm代行についてです。

faxdm代行のメリットとデメリット、注意点について

faxdm代行のメリットを見ていきます。まずは、ほとんどの確率で見てもらえるという事です。通常のダイレクトメールは、開封されなくては見てもらえません。ファックスであれば開封された状態で届くので、見てもらえる確率が非常に上がります。次は、格安で送信する事ができるという点です。郵送タイプであれば印刷費用や封入作業、宛名の印刷と貼り付け作業、発送費用が掛かってきます。その点faxdmでは原本を作ってしまえば、あとは送信費用だけです。つまり一通あたりの費用はかなり抑えられるという事です。自分たちでfaxdmをしてもいいのですが、faxdm代行に依頼してもコストが抑えられるというのは大きなメリットです。faxdm代行では相手側に負担をかけない様に注意してくれますし、不満や不快を与えない様に留意してくれます。そのため安心して利用できます。注意点としては、今までの実績を見て業者を選ぶようにしましょう。